【感奮語録】人間の一生(読み人知らず)

人生100年 80歳代が一番面白い。

職業に上下もなければ貴賤もない。世のため人のために役立つことなら、何をしようと自由である。

しかし、どうせやるなら覚悟を決めて10年やる。 すると20からでも、30までには一仕事できるものである。それから10年本気でやる。 

すると40までに頭をあげるものだが、それでいい気にならずにまた10年頑張る。すると、50までには群を抜く。 しかし50の声をきいた時には、大抵のものが息を抜くが、それがいけない。「これからが仕上げだ」と、新しい気持ちでまた10年頑張る。 

すると60ともなれば、もう相当に実を結ぶだろう。だが、月並みの人間はこの辺で楽隠居がしたくなるが、それから10年頑張る。 すると、70の祝いは盛んにやってもらえるだろう。しかし、それからまた、10年頑張る。するとこのコースが一生で一番面白い。 

は、一昔前の昭和の話である、人生100年時代の現代、それからまた10年頑張る。80からの人生が更に面白いのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。