【感奮語録】稲盛和夫氏 逝く。

京セラとKDDIの創業者、倒産した日本航空(JAL)を再上場させるなど“経営の神様”として知られた稲盛和夫(いなもり・かずお)氏が8月24日、老衰のため京都市内の自宅で亡くなりました。90歳でした。稲盛氏が、自身の経営哲学などについて語った週刊朝日のインタビュー連載「これが私の生きてきた道」から、家族や子どもの教育、京セラを世襲にしなかった理由について語った内容を抜粋し、紹介します。

―京セラ、JAL、盛和塾などで多くの部下、経営者を育てられました。家庭で3人の娘さんをどのように育てられましたか?

 子どもの教育については、父親としては役に立っていないと思います。子どもたちの学校参観は一回も行ったことがありませんし、日常の面倒も見てあげられませんでした。

―娘さんからは不満の声は出ませんでしたか?

 子どもたちには、「一緒に遊んでくれない、学校参観にも来てくれないと、さみしい思いをしているかもしれないけれど、お父さんにはお前たちだけでなく、会社に何千人という家族がいる。その社員のため、一生懸命、仕事に打ち込まなければいけない」と話していました。

―なぜ忙しいかを、きちんと話すことが、稲盛流の教育では?

 子どもたちにしてみれば、父親の言い訳にしか聞こえなかったかもしれません……。キザな言い方かもしれませんが、親のうしろ姿を見て育ってほしいと思っていました。娘たちにつらい思いをさせているのだけれども、お父さんは会社のみんなのために頑張らなければならない。だから勘弁してほしいと。

―理解してもらえましたか?

 黙って、頷きながら聞いてくれていたように思います。理解してくれたのではないでしょうか。子どもたちがまだ小学生の頃、ある日の夜中、こんなことを話したことがありました。「お父さんは会社の社長として、銀行からたくさんのお金を借りている。もし、会社が倒産すると、会社がつぶれるだけじゃない。社長であるお父さんは、会社の連帯保証人だから、この家も家具も全部、取り上げられてしまう」と。


―かなり現実的なことをお話しされたのですね?

 はい。会社がつぶれたら、家財を取り上げられてしまうけれども、「多分、使っているお茶碗やお箸、鍋なんかは残してもらえると思う。けれども、そうなってはいけないと思って、お父さんは必死で頑張っているんや」とも言いました。

―娘さんたちはびっくりされたのでは?

 娘たちが20歳を過ぎて、一緒に晩酌をしていた時に、長女から、「お父さん、あの晩の話、覚えてる?」と言われました。長女は当時、夜が寝られないくらい心配したそうです。「年端のいかない子どもにそんなキツイこと、よく言うわ」なんて怒られました(笑)。

―子育ては奥様まかせだったのですか?

 はい。家内が全部やってました。例えば、家内はカナヅチで泳げないんですが、娘たちには小学校の頃から水泳を習わせました。おかげで皆、達者になりました。私も水泳は今でも大好きなんです。

―お孫さんに何か教育などはされていますか?

 何もしていません。勉強しているか、とたまに聞くぐらいです。「今日はおじいちゃんがご馳走してあげるから、お寿司を食べにいこう」と機嫌は取っていますけど(笑)。

―ご家族では奥様と娘さん3人。男性1人ですが、どんな感じでしたか?

 常に4対1ですよ。女4人で話が盛り上がって、私が蚊帳の外という状態はしょっちゅうです。でも、4人に責められるということはないですよ(笑)。

―稲盛会長は、京セラを世襲にされませんでした。なぜでしょうか?

 一つ目の理由は、子どもが娘だけだったからです。二つ目の理由は、京セラは全従業員の幸福を追求するための会社で、稲盛家のものではないからです。三つ目の理由は、世襲してもうまくいくわけがないと思ったからです。

―なぜですか?

 私自身、もともと経営者の素質があったというよりは、必死に会社経営をしていく中で、厳しい環境に育てられました。そこで経営者としての技量や人をまとめていく力を身につけていったと感じています。苦労していない人間が、世襲制で後を継いだとしても、それは私のDNAを引き継いでいるだけのことです。

―経験が人を成長させるわけですね?

 経営者にとっては先天的な能力より、人生の辛酸をなめる中で開花していく後天的な能力のほうが重要だと私は思っています。会社がもうできあがっている以上、自分の子どもであれば、厳しい経験をさせることはなかなかできない。これでは経営がうまくいくわけがないし、道理に合わないと思ったので、世襲にしなかったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。