1000文字 文章の作り方

1000文字 文章の作り方

①最初に見出しを決める

・見出し<h2>タグ

②見出しに沿った記事を書く

③記事の要約文を書く

・リード文は<description>

④写真に説明文を入れる

・写真には<alt>タグ

⑤最後にタイトルを書く

・タイトルは<h1>タグ

カテゴリー(英文字で書く)

タイトル(最後に書く)・タイトルは<h1>タグ

フレーム設定は、1列44文

4行〜5行 句点などを考慮し5行にしました。

ここに書き込めばおおよそ200文字のブロックとして表現することができます。

dseve6k1gt (1).png

①【第1ブロック】(要約文、リード文)<description>

今回の記事を紹介するブロック。

3列 100〜120文字程度で記事の要約文(リード文)を書く  

  • 今回の伝えたい内容のキモを書き込む。
  • キャッチコピーは大事な見出しとなる。
  • 読み手に、これは面白い記事だな、ブックマークに感じる内容に100文字で表現する。

【見出し】<h2>タグ

②【第2ブロック】(ターゲットを絞る見出し)読者を絞り込みを行うブロック

2列〜3列 120文字まで

  • どのような人、状態、気持ちでいる人に読んで欲しいか
  • 又読むことで得れるメリットを表現する
  • より具体的に書くことで、こちらから読者の絞り込みを図ること

【見出し】<h2>タグ

③-1【第3ブロック】

今回のコラムの(このページ)中身を紹介1。

2列〜3列 120文字まで

  • このコラムの面白さ、コンセプトは何なのか、その全体感を伝える。
  • 歴史か、科学か、書いた人はどのような人か、
  • このブロックを読めばざっと把握できるような内容にする

【見出し】<h2>タグ

③-2【第4ブロック】

このコラムの紹介2。

2列〜3列 120文字まで

  • 100文字で全てを紹介するのは、文字数が足りなく難しい。
  • 第3ブロックとは別の角度からの切り口がいい。
  • 第3と第4で200文字続けても良いが、区切りは欲しい。

【見出し】<h2>タグ

④-1【第5ブロック】

このコラムの具体的内容紹介1。

4行〜5行 200文字

つまり引用だ代表的かつ特徴的な文章を引用して、

なるほどこういう文章が書いてあるのかと理解してもらう。

ここは100文字に多少文字数が前後しても拘らず柔軟であることが肝要だ。

【見出し】<h2>タグ

④ー2【第6ブロック】

このコラムの具体的内容紹介2。

4行〜5行 200文字

ここも引用だ。

第5ブロックで紹介した文章の次に、代表的かつ特徴的な文章を引用する。

【見出し】<h2>タグ

⑤【第7ブロック】

このコラムの著者の具体的紹介。

2列〜3列 100文字まで

第②ブロックで著者の紹介は済みだが、文章を紹介した後なのだが、

更に関心を深めてもらうため読者へのサービス精神を発揮する。

【見出し】<h2>タグ

⑥【第8ブロック】

なぜこのコラムを書いたのかだめ押しをする。

2列〜3列 100文字まで

面白い、すごい、これはブックマークだ、

お気に入りだとファンになっていただくためのだめ押しをするブロックです。

アイキャッチ(写真)に説明文を入れる <alt>タグ

最後にタイトルを入れる⑤最後にタイトルを書く <h1>タグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。