認知症社会の到来です

image1045.png

2025年、日本の認知症患者・認知症予備軍の数は合計1000万人を突破する。

65歳以上の3人に1人、全国民の約10人に1人がボケるという、人類の
歴史でも例を見ない事態が、10年後に迫っている。

  • 日本の人口は、2060年頃まで減り続けること
  • 現役世代と65歳以上の高齢者の人口比率が限りなく『1対1』に近づくことは、現在の人口構成から確定しています。
  • 特効薬が開発されない限りは、認知症の高齢者も確実に増え続けるでしょう。

10人に1人が認知症ともなれば、現在のような高い水準の介護・医療サービスをすべての人に行きわたらせることは、とうてい不可能です。

財政破綻を避け、なおかつ現状の社会保障を維持しようとすると、現役世代の収入を9割以上召し上げなければならないからです。

日本はこの瞬間にも、未曾有の「認知症『超』大国」への道を突き進んでいる。

そして、日本中に認知症の高齢者が溢れるころには、現行の医療・介護制度、そして年金制度も間違いなく崩壊している。

2025年には、団塊の世代800万人が75歳を超え、後期高齢者となる。

そしてその子供たち、いわゆる「団塊ジュニア」は、就職氷河期に直面し、非正規雇用の割合が約20%に達する、

医療・介護の負担は重くなる一方、それを支える経済力は、ますます細ってゆくのである。

コメント


認証コード8050

コメントは管理者の承認後に表示されます。